講師紹介

神田浩士

神田 浩士(かんだ ひろし)

資格:あん摩マッサージ指圧師、メディカル整体あい治療院 院長
担当:整体実技、愁訴理論、メディカルタッチセラピー、体表解剖学、接客接遇、施術構成、説明指導力

経歴

あはき師養成施設教員資格所持。
あん摩マッサージ指圧師の資格を取得後は、教員として専門学校に10年間勤務し、指圧やオイルマッサージなどの指導を担当。
その後、訪問マッサージ会社にて高齢者への施術やリハビリを行う傍ら、社内外の施術師の研修を幅広く実施。
現在は、都内に整体院を構えている。

指導する際にどういったことを心掛けていますか?

まずは基礎をしっかりと身につけること。
人様の身体に触れるには、知識と技術の土台を培うことが欠かせません。
整体をはじめとする手技療法は施術する姿勢、手足の使い方で、その効果が大きく変わります。
また、施術者自身も長く無理なく施術することが可能です。手技療法を行ううえで基礎となる身体の使い方をお伝えします。

一番得意とすることは?また、それはどんな内容ですか?

軽く手を添えるだけで骨格を整える手技療法を得意としています。
整体といえば、筋肉を強く揉みほぐすことをイメージする方もいますが、一方で身体はわずかな刺激にも反応します。
皮膚と関節へのアプローチにより全身の骨格を調整する手技療法(BRM療法)をメインに行っています。

神田先生は、何故この整体業界に?

母親が病弱だったこともあり、幼少の頃より母が民間医療や代替療法を受けている様子を目の当たりにしてきました。
社会に出て営業の仕事をしていたのですが、働いているうちに「健康にかかわる仕事をしたい」という気持ちが大きくなり、30歳を前にして専門学校に入学しました。

最後に整体に興味を持っている方へ一言お願いします

健康に関わる仕事は、いくつもの可能性を持っています。
腰を痛めていた人が身体が軽くなることでバリバリ仕事ができる。
肩こりに悩まされていた母親が楽になることで家庭が明るくなる。
そして、整体で身体が楽になる人が増えれば、医療費の削減にもつながります。
整体アカデミーでともに研鑽しましょう。