資料請求
無料見学
体験会

コラム

整体師になるにはどんな進路を選べばいいの?

2022.12.28

整体師になるには、プロとして働くための知識・技術を身につけた上で、自分に合った職場を見つけるための就職活動を行う必要があります。整体師の知識・技術を身につけるための進路にはいくつかの種類があるので、事前にそれぞれの詳細を確認しておくことがおすすめです。
 
そこで本記事では、整体師になるにはどんな進路を選べばいいのか、どんな資格や知識・技術が求められるのかについて解説します。
 
 

整体師になるには?

整体師になるには、「仕事に必要な知識・技術を学ぶ」→「就職活動を行って条件に合った職場を見つける」という流れが基本です。整体師は需要の高い職業であり、多くの職場でその能力が求められています。特別な経歴がなくても就職できるケースもありますが、整体師として長期的に活躍していくためには、基本となる進路を把握しておくことが望ましいです。
 
以下で紹介する整体師になるための進路を参考に、将来設計を考えてみてください。
 
 

各種学校やスクールでスキルを学ぶ

整体師になるには、各種学校やスクールで専門のスキルを学ぶ必要があります。例えば大学、短大、専門学校などに進学し、整体師になるための知識・技術を身につけます。基本的に大学や短大は整体師に関するスキルに加えて、一般教養などを学ぶ必要があります。大学は卒業までに4年間の時間を要するため、整体師として働くまで時間がかかる点に注意が必要です。
 
専門学校でも整体師になるための知識・技術を学べますが、「整体師専門」のコースではなく、一般的に「あん摩マッサージ指圧師」や「鍼灸師」の国家資格取得を目指すコースに進学することになります。あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師の国家資格は整体師の仕事に役立ちますが就職に必須ではないため、まず実践的な能力を育みたい場合には不向きとなるでしょう。
 
そこで整体師になるのなら、専門のスクールに通うことがおすすめです。整体師に関する知識をピンポイントで学べるスクールなら、仕事に必要な知識・技術を効率良く学習できます。例えば「東京リエイチ整体アカデミー」には、整体師としての能力を伸ばせる豊富なコース・カリキュラムが用意されているため、目的に合った勉強方法を実践できるでしょう。
 
東京リエイチ整体アカデミーは大学や専門学校のように入学金はかからず、必要なのは自分が学ぶ受講料のみとなっています。不明瞭な金額は発生しないため、安心して勉強に集中できるでしょう。また、東京リエイチ整体アカデミーをはじめとしたスクールは随時入学が可能なため、自分のタイミングで勉強をはじめられます。大学や専門学校は入学時期が決まっているため、生活スタイルによっては学習をはじめることが難しいケースもありますが、スクールならそういった心配は不要です。
 
 

就職活動を行い希望の職場を見つける

整体師として働ける実践的な能力を身につけた後には、就職活動を行って希望する職場を見つけましょう。整体師の知識・技術をきちんと学んだ人は優秀な人材として扱われるため、好条件で就職できる可能性が高まります。特にスクールで専門的な講義や実習を経験した人は、積極的に採用されることになるでしょう。スクールでどんなことを学んだのかを説明し、即戦力として働けることをアピールできれば、就職の可能性をさらに高められます。
 
整体師は心身ともに疲れが溜まりやすい現代社会において、そのつらさを和らげることができる職業として需要が高まっています。整体師が働く「整体院」の数も増えているため、きちんと就職活動の準備を行えば、理想的な就職先を見つけることは難しくないでしょう。
 
しかし、はじめて就職活動に挑戦する人は、上手く自分の理想とする就職先を見つけられるか不安に感じるかもしれません。東京リエイチ整体アカデミーはそんな不安を感じている人たちに対して、さまざまな就職支援を行っています。例えばグループ会社に就職支援会社を持つため、優良求人を多数紹介することが可能です。
 
専門の就職コーディネーターが希望に合わせた仕事を紹介してくれるため、就職活動に自信がなくても安心して整体師を目指せます。キャリアプランの相談も可能なので、将来的にどんな整体師になりたいのか、どんなキャリアを積んでいきたいのかを明確にした上で就職先を決められるでしょう。
 
 

整体師になるために必要な資格・知識・技術とは

整体師になるには、習得しておくべき知識や技術があります。仕事内容によっては資格の取得も求められるため、事前に詳細を把握しておくことがおすすめです。
 
以下では、整体師になるために必要な資格や知識・技術を紹介します。
 
 

整体師に必須の資格はない

まず結論から言うと、整体師になるために必須となる資格はありません。専門的な知識および技術を正しく習得できていれば、資格がなくても働くことは可能です。一方で、より整体師として需要の高い人材を目指す場合や、対応できる仕事の範囲を広げたい場合には、国家資格の取得が考えられます。
 
整体師の仕事には、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師の国家資格が役立ちます。それぞれの資格を持つことで、マッサージや鍼灸による施術が行えるようになるため、複数の方法で患者さんの身体にアプローチ可能となります。患者さんごとに必要な施術を行えるようになるため、整体師として活躍できるシーンを増やせるでしょう。
 
また、整体師になる際には民間資格を取得することでも、その能力を証明して就職しやすくなります。例えば「認定カイロプラクター」「認定介護整体師」「認定リフレクソロジスト」「認定美容整体師」などの資格があると、特化した能力を持つ人材として認められるでしょう。
 
 

人体に関する専門知識が求められる

整体師になるには、主に人体に関する専門知識が求められます。その上で疲れや体の悩みを取り除く技術を学ぶことが、整体師になるために必要なルートになるでしょう。
 
具体的には解剖学や生理学などを学び、実技を身につける実習で整体師になるための準備を進めます。知識と技術の両方があって、はじめてプロの整体師としてその能力が発揮できるようになります。どちらか一方を疎かにしないように、積極的な姿勢で学んでいけるようにしましょう。
 
 

まとめ

整体師になるにはさまざまな進路がありますが、最短かつ低コストで本格的な就職を目指せるスクールへの入学がおすすめです。東京リエイチ整体アカデミーには、整体師を目指す人の目標に合わせて複数のコースが用意されています。効率良く必要なスキルを習得できるので、この機会にどのようなコースがあるのかぜひ1度ご確認ください。

「東京リエイチ整体アカデミー」では、
経験や目的に合わせて
基本コースと多彩な選択コース
ご用意しています。
「将来何を目指すのか?」に合わせて
コースを組み合わせることができます。