資料請求
無料見学
体験会

コラム

整体師の年収をご紹介します!

2022.12.27

肩こりや腰痛など身体の不調に悩まされる人が増えている現代では、整体師の需要がますます高まっています。身体の歪みを正して根本的な部分から問題解決を目指せる整体師は、あらゆる客層をターゲットに仕事ができるでしょう。今後もさまざまな職場で必要とされることが想定されるため、今から整体師になるための準備を進めておくこともおすすめです。
 
そんな整体師に興味があるけれど、「年収がいくらなのか分からない」ことが理由となって、本格的な勉強に踏み出せない人もいるかもしれません。そこで本記事では、整体師の年収事情や、年収をアップさせる方法について解説します。

 

 

整体師の平均年収は?

整体師の年収は、基本的に就職先の条件や個人の能力・経験などによって左右されます。豊富な経験を持つ整体師ほど、高いスキルを持っていると判断されるため、自然と年収も高くなりやすいです。

逆に言えば、整体師になったばかりの頃はまだ実践経験が浅いため、年収に反映できる要素が少なくなります。そのためある程度の相場を把握しておくことが、整体師として安定した生活をする上で重要なポイントになるでしょう。

以下では、整体師の平均年収について解説します。

 

 

整体師の平均年収は350〜400万円程度が相場

整体師の平均年収は、一般的に350〜400万円程度が相場となっています。月収で言うと30万円程度が、整体師の平均収入となるでしょう。求人情報サイト「求人ボックス」を参考にすると、正社員として働いている整体師の平均年収は373万円となっています。(2022年7月時点)

国税庁が発表した「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、日本人の平均年収は約433万です。そのため整体師の平均年収は、日本全体の平均年収を下回る結果になっているのが現状です。

もちろんあくまでこの数値は平均年収であるため、整体師として就職する職場や雇用条件、自身のスキル・実績などによって大きく変動します。整体師として実績を持ち、他の人にはない高いスキルを有することができれば、平均年収を上回る収入を得られる可能性はあるでしょう。

 

 

新人時代の年収は低い?

整体師は技術職であるため、実績が年収を決める評価に大きく影響します。そのため実績のない新人時代は、平均年収が低めに設定されていることも多いのです。職場にもよりますが新人整体師の平均年収は、200〜250万円ほどと言われています。月収にすると15〜20万円程度になるため、生活水準次第では余裕のあるお金の使い方が難しくなるかもしれません。

整体師として働くことを目指すのなら、新人時代の平均年収も確認して、生活をシミュレートしておくのがおすすめです。

 

 

アルバイト・パートの収入は?

整体師は専門資格が必要ないため、アルバイトやパートで働いている人も多いです。先と同じく求人ボックスのデータを参考にすると、アルバイト・パートの整体師は、平均時給1,010円で働いていることが分かります。もちろんこちらもあくまで平均であるため、職場や経歴次第で時給が高くなるケースも多いです。しかし、逆に都道府県のアルバイトにおける最低賃金次第では、平均を下回る可能性もあります。

アルバイト・パートで実績を重ねてから、正社員の整体師になるというケースも考えられるため、平均年収だけでなく平均時給も確認しておくのがおすすめです。

 

 

整体師が年収を高める方法

整体師が年収を高める方法には、いくつかの手段があります。目の前の仕事に集中することも大切ですが、将来の年収アップを考慮して、早めに具体的な手段を計画しておくことも重要となるでしょう。

以下では、整体師の年収を高める具体的な方法について解説します。

 

 

職場で昇給を目指す

整体師の年収を高めるには、現在の職場でキャリアアップを目指し、昇給する方法が考えられます。整体師として長く勤めることで実力が磨かれ、評価が高まって基本給アップに期待できるようになるでしょう。

年功序列による昇給だけでなく、資格手当などの制度を利用して昇給することも可能です。整体師は特に資格がなくても働けますが、資格を取得することでより多くの業務を担当できるようになります。多くの資格を取得するほど職場にとって貴重な人材となり得るため、積極的に資格取得を狙っていくこともおすすめです。

特に国家資格の取得は高い評価につながりやすいため、「あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。その他にも、「認定介護整体師」「認定美容整体師」「認定スポーツ整体師」「認定古流整体師」などの民間資格も、資格手当の対象になるケースがあります。

 

 

インセンティブのある職場に就職する

整体師の勤める職場次第では、仕事にインセンティブ(指名などによって得られる報酬)が設定されていることもあります。インセンティブを得ることで基本給に報酬分の収入をプラスできるため、年収アップにつなげられるでしょう。

インセンティブを獲得するためには、何よりも整体師として高い技術力が必要となります。また、リピーターを獲得するためのコミュニケーション力や、新規で指名を得るための営業力なども重要になるでしょう。

 

 

独立開業をして自分の整体院を持つ

整体師は独立開業が行えるため、大幅な年収アップを目指すのなら自分の整体院を持つこともひとつの方法です。一般的に独立開業した整体師の年収は、300〜800万円程度になると言われています。実際にどれくらいの顧客を獲得できるのかは、開業してみないと分かりません。そのため事前に可能な限り開業する地域や競合店の情報を収集し、シミュレーションを実施するのがポイントです。

多くの顧客を抱える整体院を経営することができれば、1,000万円以上の年収にも期待できます。ある程度整体師として実績を重ね、経営に関するノウハウを学ぶことができたなら、独立開業も視野に入れるのがおすすめです。

 

 

まとめ

整体師の平均年収は、350〜400万円程度になっています。働き方や自身の努力次第で収入は変えられるので、積極的に年収アップのためにできることを探してみてはいかがでしょうか。

整体師の年収を高める基本となるのが、個人が持つ専門スキルの高さです。「東京リエイチ整体アカデミー」なら目的に合わせて学習コースを選択し、今の自分に足りない要素を優先して学びながら整体師を目指せます。充実した就職支援によって好条件の求人も見つけやすいので、この機会に東京リエイチ整体アカデミーへの入学をぜひご検討ください。

「東京リエイチ整体アカデミー」では、
経験や目的に合わせて
基本コースと多彩な選択コース
ご用意しています。
「将来何を目指すのか?」に合わせて
コースを組み合わせることができます。