講師紹介

佐藤郁子

佐藤 郁子(さとう いくこ)

資格:JSTAS認定整体師、リフレクソロジスト
担当:整体実技、愁訴理論、リフレクソロジー、リンパドレナージュ、オイルトリートメント、体表解剖学、接客接遇、施術構成、説明指導力

経歴

1997年より整体を学ぶ。都内整骨院に勤務した後、神奈川県内の整体学校の講師に就任。
リラクゼーションサロンの立ち上げや、介護、美容の現場での経験を生かした指導に定評がある。
得意分野はアロマ、アンチエイジングなど。

指導する際にどういったことを心掛けていますか?

常に現場目線を忘れないよう心掛けています。

講師だけやっていると現場感覚が薄れてしまって、言葉にも厚みがなくなってきてしまいます。
そのため、自宅でサロンを開いて現場感覚を忘れないようにしています。サロンは私の趣味であり、楽しみでもあるので講師業にも活かすことができて一石二鳥なんです!

一番得意とすることは?また、それはどんな内容ですか?

アロマリンパドレナージュです。
この技術はアロマの香りやオイルを用いて、体内に溜まっている老廃物を体外に排出して、免疫力の
向上につなげます。
アロマの香りは精神的なストレスを解消し、アロマオイルトリートメントの滑らかなタッチングで癒し効果を生み、ビタミンやミネラルなどを皮膚から吸収することで保湿もできます。
また、リンパ節に”押し”たり”流し”たりすることで、体の機能を改善していきます。
逆に放っておくと疲れやすい体になってしまい、むくみやだるさ、冷えや肥満、慢性的な疲労につながってしまいます。

佐藤先生は、何故この整体業界に?

20代前半までは、常に頭痛、生理痛、腰痛、冷え、ムクミ、肌荒れなどの様々な体調不良があり、それを市販の薬で対処していました。
ただ、年々ひどくなる症状に西洋医学への不安と疑問が増していきました。
たまたま雑誌で見かけた「骨盤の歪みを正せば生理痛が消える!」の文字に衝撃を受けて、整体やカイロプラクティック、東洋医学に興味を持ち始め、思い切って転職し、整体学校に入学を決めました。

最後に整体に興味を持っている方へ一言お願いします

整体はすべての手技療法の基礎となる技術です。その技術を習得することは簡単ではありませんが、仕事としてだけではないやりがいがあり、一生ものの財産になることは間違いありません。
健康に興味がある方はぜひ一度見学にいらしてください。